むちうちなら名取西口整骨院

名取西口トップ画像

スポーツ障害

悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    走っている時や走った後の足の痛みや違和感によるランニング障害
    バレーボールやバスケットボールでのジャンプの繰り返しによるジャンパー膝
    サッカーでの走り込みによるジャンパー膝
    ハンドボールなどジャンプをよくするスポーツでジャンプの繰り返しによる足の疲労骨折
    ダッシュしてから切り返しでの繰り返しの足首の捻挫
    ボールパス時の繰り返しの突き指
    テニスでのラケットを振る動作の繰り返しによるテニス肘
    陸上での疲労によるアキレス腱炎
    剣道での運動の繰り返しによるアキレス腱炎
    投球動作の繰り返しや使いすぎによる野球肘

  2. そもそもスポーツ障害とは?当院の考え

    明るい挨拶

    スポーツ障害とは、スポーツ(運動)をすることにより起こる障害や外傷の総称。使い過ぎ症候群ともいわれ、運動により疲れた身体の組織が十分に癒されずに起こるケースと、同じ部位を使い続けたために起こるケースがある。スポーツで生じる身体の故障には、瞬間的な外力によって起こる「スポーツ外傷」(骨折、脱臼、捻挫など)と、身体に過度の負担が繰り返しかかることにより、痛みなどの症状が慢性的に現れる「スポーツ障害」がある。ただし、厳密に区別せず、スポーツ外傷とスポーツ障害を総称してスポーツ障害と呼ぶ場合もある。
    原因には
    1)身体能力の限界を超えた運動
    2)過密なトレーニング・スケジュール
    3)同じ部位の使い過ぎ
    4)休養や睡眠不足
    5)栄養の不足、などが上げられる。
    スポーツ障害は早期に対処しないと重症化し、関節が変形したり骨が分離したまま直らなかったりと、日常生活に支障を生じることがある。
    また、成人のみならず、成長期の子供にもよく発生する。
    有名なものとしては、野球肘とオスグッド・シュラッター病がある。
    予防策として一番大切なのは、運動を始める前に自分の体力や運動能力を知ること。自分の状態を知れば身体を必要以上に酷使することはなくなります。特に中高年は若い頃に比べて体力や身体能力が低下しているため、スポーツを始める前に医師等に相談し、どの程度の運動がよいか、アドバイスしてもらうことが大切。運動前の準備運動、運動後の整理体操は非常に重要で、とくに整理体操(クーリングダウン)は筋肉や勒帯などに疲れを残さないようにするために必ず行うことが重要となります。休養や睡眠、栄養摂取もスポーツ障害を予防する上で欠かせないので、運動後はしっかりと休養や睡眠をとって疲れを癒し、日ごろから栄養バランスのとれた食事を心がけていきましょう。

  3. スポーツ障害を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    スポーツ障害を放っておくと
    皆様はスポーツ障害を放置するとどうなるなわかるでしょうか?具体的なことは中々分からないと思う方が大半ではないでしょうか?そもそもスポーツ障害と言うのは3段階あり、まず1つ目はスポーツ直後に痛みがでる2つ目はスポーツ中も痛みがでる、3つ目は日常生活でも痛みがでるという段階で進んでいきます。3つ目はまできてしまうと最悪手術になりえることもあります。
    昔はスポーツをしてるから痛くなるのは当たり前、自然に治ると言われた方も多くいると思います。現在はその過程において適切な治療を受けなければ後のスポーツ活動や日常生活に支障が出てしまうと言われています。なので一時的な痛みと思わずその都度必要な治療を受けれる所に行くことが大切です。
    保護者の皆様や指導者の方の理解の大きさが今後の子供たちの将来に関わると言うことを忘れずにスポーツ障害を安易に考えるのではなくしっかりとした知識をつけ子供達をより安全にスポーツを続けていけるようになると幸いです。

  4. スポーツ障害にはどんな施術メニューがおすすめですか?

    姿勢矯正

    当院のスポーツ障害にたいする施術は、主に電気治療と鍼治療と骨格矯正治療になります。
    スポーツ障害は、運動した事によって疲れた身体の組織が十分に癒されずに起こるケースと、同じ部位を使い続けたために起こるケースがあります。使いすぎによって起こることが多いので、大人だけでなく部活を頑張っている中学生、高校生などの若い方でも十分に起こり得るのです。運動時は集中しているため、少し痛みがあっても頑張れてしまうことが多く、ある程度の痛みを我慢して出来てしまいます。そのため、ご来院いただいた時には症状が重くなっている事が多いのです。
    当院に来ていただいた方には、症状の重さにもよりますが、痛みが強く出ている方には、電気治療または、鍼治療を行っています。症状が落ち着いて来た方で、再発のリスクを下げたい、パフォーマンスを向上させたいという方には、身体の歪みを正す骨格矯正治療を行っております。

  5. その施術を受けるとどう軽減するのか

    明るい挨拶

    スポーツ障害は主にスポーツのやり過ぎ、使い過ぎて痛みが発生します
    。同じ動きを継続的に行っていると負担がかかり炎症がおこります。
    このようなスポーツ障害の場合応急処置が必要になってきます。
    その場合まずRICEとういう言葉があるのですがRは安静(Rest)安静は痛めている部位の腫れや、血管、神経などへの負担を抑えられます。
    Iは冷却(Ice)負傷箇所に直接冷却することにより、出血、腫れ、炎症を抑えます。
    Cは圧迫(Compression)包帯、テーピングで圧迫します。
    圧迫すると出血を調整でき、腫れなどを軽減させます。

    Eは挙上(Elevation)痛めた後は血液が炎症、腫れを酷くしますので心臓より高い位置に保持すると良くなります。

    まずは、これを基本として施術を行います。
    当院ではこのようなスポーツ障害の施術は電気治療をオススメさせて頂いています。
    炎症が起こっている状態を放置しているとなかなか痛み、腫れが引かなくなってしまいます。指圧の施術だけだとなかなか炎症を抑える事が出来ません。
    そこで電気治療を行うと炎症をすぐに抑えてくれるので早期回復が見込めます。
    なので放置せずにすぐに相談に来てください!

  6. 改善するための通院(施術)頻度は?

    明るい挨拶

    通院する頻度としてはスポーツを休みながらで有れば一日おきでも大丈夫ですが、もし事情でスポーツをやりながらということなら毎日でも足りないくらいだと考えてもらえると良いと思います。
    後者に関しては毎日すれば治療は大丈夫というわけではなく、例え毎日治療やストレッチをしていても
    痛めた場所を使うのであれば
    身体の怪我1程度の状態で運動することによって怪我3.4程度まで痛めてしまう可能性があるからです。
    なので理想は前者のようにスポーツを休んで治療がベストです。

▲ページの先頭へ戻る

名取西口整骨院のご案内

【住所〒981-1231 宮城県名取市手倉田字堰根388 【電話】TEL:022-395-5665

名取西口整骨院景観
受付時間 土・祝・日
9:00~12:30 9:00~12:30
15:30 ~ 20:30 15:00~18:00

年中無休で営業しております

当院までの地図

○ JR名取駅から徒歩7分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

当院へお車でお越しの方、駐車場をご利用いただけます。

当院の前に駐車場8台あります。

大手町、田高原、手倉田八幡、手倉田諏訪など広く地域の方にお越しいただいております。

お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る

当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する

>